モデルハウスを見る時の注意点

マンションや建売住宅は

出来上がった状態を見てから
買うことができます。

でも注文住宅の場合は、
まだ建物が完成していない段階で
契約を結ばなければなりません。

そんな時のためにハウスメーカーには
住宅展示場のモデルハウスがあります。

しかし、ここで気を付けたいのは
これから建てる住宅は
モデルハウスで見た住宅とは
全く違うものだという点です

住宅展示場のモデルハウスでは、
各社の構造的な特徴と「標準仕様」を理解しましょう

住宅展示場のモデルハウスの
内装や外観、間取りは、そのハウスメーカーが本来持つ建物の特徴と
ほとんど関係がありません。

例えば、モデルハウスは
そのハウスメーカーが標準仕様としている
素材や設備だけで建てられている訳ではないのです。

さらに、そのハウスメーカーの
特徴とは本来関係のない、
家具やカーテン、小物などの
インテリアによって建物の印象が
大きく変わってしまいます。

モデルハウスの内装には、
オプション仕様が含まれていることが
ほとんどですので、
担当者にどこまでが標準仕様なのかを
しっかり確認することが大切です

住宅展示場を訪れる際には、
モデルハウスの内装や外観、
間取りなどに惑わされず、
各社の構造的な特徴と標準仕様を
理解することがポイントになりますよ♪