床の間のこと

 

写真は最近完成した新築のお家です。
素敵なホワイトベースの畳に素敵な床の間があります。

床の間があるだけで
和室の雰囲気がより洗練された空間に感じます。

そもそも床の間とは
お部屋にどういった効果をもたらすのか
そのメリット、デメリットを紹介します

まずはメリット

●空間にメリハリが生まれる

和室に入った時、床の間に掛け軸や生け花があると
自然と目を引きます。
このような人の視線を集める場所のことを
インテリアの用語でアイスポットといいます。
部屋の中にアイスポットを作ることで、
空間にメリハリを生むことができます。
なのでより洗練された空間にすることができます。

●物を飾りやすくなる

床の間のない和室やフローリングの部屋の場合、
何かを飾りたいと思っても、
まずはそのためのスペースを確保するところから
スタートしなければなりません。
床の間があると、インテリアの装飾をより楽しめます。

デメリット

●使い道がない場合は無いほうが◎
床の間は、和室の一角で存在感を放つ場所です。
床の間の役割は何となく知ってはいても、
飾るほどのものがなかったり、
活用方法が分からない場合ですと
空間を持て余してしまいます。
その場合は床の間がかえって空間の無駄遣いになってしまうので、

作らない方がいいかもしれません。

和室をより落ち着けるための空間にしたい方や
生け花や掛け軸で和のインテリアを楽しみたい方には床の間はおススメです!

和室を作ろうと考えている方は
ぜひ参考にしてみてくださいね◎