巾木ってなんだろう?

お部屋の中にあるこの木、
何気なくありますが
『巾木』と言ってとても大切な役割をしています。

みなさんのお家にもあると思うのですが
あまりに自然にあるので
あまり気にした事がないかもしれませんね。^^

 

この巾木の大事な役割を
簡単にご紹介したいと思います!

まずはその役割について。

役割その① 壁を守る

床と壁の境目は実はかなり酷使される場所。
掃除機をかける時にぶつける事もありますし
お子様が走ってぶつかってしまう事も…
そんな汚れや破損に堪えられるように
巾木が取り付けられています。

 

役割その② 壁と床の緩衝材

壁と床の間には隙間があります。
多少動いたとしても力を逃がす事ができるように
作られている隙間なのですが、巾木がないと
そこにゴミが溜まり、見かけもよくありません。
その為に巾木が設置されています。

巾木の役割はこんな感じです

巾木はとても大切だけど
あまり目立たなくしたい…という方は
以下の方法がおススメです!

■白か自然素材の巾木を使う

■巾木の高さを低くする

■巾木自体が嫌ならアルミアングルを使う

 

巾木無しは1番スッキリしますが、
掃除などメンテナンスに気をつかうので
巾木を付ける事をおススメします◎

お家を建てる際、リフォームの際に
ぜひ参考にしてみてくださいね

次回のくらし探検隊もお楽しみに♪♪